施設紹介

久良岐能舞台とは

久良岐能舞台の由来

久良岐能舞台は、能楽会専務理事の池内信嘉氏(1858〜1934)が囃子方育成のため、大正6(1917)年東京・日比谷に建てたものです。設計には能楽研究家でもあった法政大学教授の山崎靜太郎氏(楽堂)があたりました。

その後、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)邦楽科に寄贈され、能楽専科生に大いに利用されましたが、昭和39(1964)年、新たに能舞台が作られたため、この舞台は解体されました。

昭和40(1965)年に、能楽愛好家であった宮越賢治氏が譲り受け、この地に移築・復元。昭和59(1984)年に宮越氏から横浜市に寄贈されました。

舞台の鏡板は日本画壇の重鎮であった平福百穂の筆になるもので、芸術的価値の高いものです。


久良岐能舞台の庭園

三方を山で囲まれた約8,000坪のこの土地は明治末頃から梅、桜、楓や竹など四季折々の木々とたくさんの草花に恵まれ、小鳥のさえずりの聞こえる閑雅な趣があります。

能舞台の寄贈を受けた横浜市では、建物と日本庭園の整備を行い、池泉の配された庭を巡り歩くことができるように造園しました。灯籠や水琴窟が楽しめる「つくばい」なども設けられ、散策に訪れる市民に格好の憩いの場となっています。

庭園の写真1 庭園の写真2 庭園の写真3

各部屋のご紹介

能舞台

能舞台photo

舞台の鏡板は日本画壇の重鎮であった平福百穂の筆になるもので、芸術的価値の高いものです。創建以来、幾多の人間国宝をも育んだ歴史の重さと風格を感じさせてくれる能舞台です。能、狂言などの発表会や練習にご利用いただけます。

舞台 4.54m×4.56m、見所 52畳、橋掛かり 幅1.6m 長さ3.6m、鏡の間 8畳

和室

和室photo

四季折々の花々や紅葉彩られる庭園の中で、少人数のお稽古事や講座等にご利用いただけます。

続き間 8畳、6畳

茶室

茶室photo

水琴窟の音が聞こえる落ち着いた雰囲気の中で、茶会や句会等にご利用いただけます。

茶室 4.5畳、水屋 3畳